ジオラマ彫刻


homeに戻る



  今までに制作したジオラマ彫刻作品を並べています。
最初の作品「マイアイランド1」は、制作してからもう20年近く昔になりました。
水辺の情景、漁港、辺境になぜか心ひかれます。
あわただしい現代と正反対の風景だからでしょうか。






 入江1 2009.5.15
どこか北欧の清澄な湖と、切り立ったフィヨルド。
または南海の緑豊かな島々。
あるいは中国桂林の奇岩、巨石、緑の絶壁。
そのようなイメージを形にしてみたものです。


 運河にて01
ジオラマはAUTOCADというキャドで設計しています。
そのデータが昔のハードディスクに残っていました。
10年ほど前に制作していました。


 運河にて02
ひとけのないさびれた漁港。
赤茶色に錆びたドラムカン。朽ちかけた材木。
くすんだたたずまいの漁具小屋。
所在なくつながれた小舟が小さく揺れている。


 運河にて03



 北の海岸の家々 2009.4.29
作家串田孫一さんの北海道紀行文に、ご自身の描かれた
スケッチがちりばめられていました。
簡略化された単純な線がとても魅力的な絵の中に
日本海側の海岸の絵がありました。
辺境の郷愁漂うそのスケッチに触発されて出来た作品です。

 谷間の花01 2009.5.1



 谷間の花02 2009.5.3
毎年夏には、丹沢表尾根を縦走していました。
小田急秦野からバスで蓑毛まて行き、山道をヤビツ峠まで歩きました。
途中、木々の遥か下に沢が流れ、右は湿った岸壁でした。
その岸壁から垂れ下がる真っ白い山百合にとても感動しました。


 小さな漁港1
次男は子供のころ釣りが好きだったので、式根島へ親子で釣りに
行ったことがありました。その時の港の印象を形にしたものです。
民宿に泊まった夜更け、一晩中外はごうごうと吹き荒れていました。
しかし翌朝は何もなかったかのように静かな朝でした。


 小さな漁港2
休日の朝、暗いうちに家を抜け出し、小さな防波堤に行きました。
早朝、小魚が釣れました。おたまじゃくしのようなフグ、ベラなどが
かかることもありました。もっぱら子供が釣り、私は酒を飲んで昼寝していました。
船のマストが太く、まだまだ初期の作品です。


 小さな漁港3
以前、外国の雑誌で見かけた小さな漁港。
アイルランドかどこか辺境の、 さびれた風景がなにか心に残っています。


 小さな漁港4
スコットランドかどこか北端の荒涼とした丘陵と船着き場。
デビット・リーン監督の文芸大作「ライアンの娘」の中に、
こんな情景があったような、なかったような・・・・


 小さな漁港5
以前描いたスケッチを見て突然作りました。
単純化と詩情のバランスは結構満足しています。
今回、水面に光沢のある青い紙を用いましたが、いい感じになりました。






 小さな漁港6
弟の案内で三浦半島南端を歩きました。
起伏する広大な丘陵の畑道を下りていくと、間口港がありました。
緑に囲まれた、ひっそりと小さな漁港でした。つい先日もそこの民宿に泊まってきました。
上の写真がその間口港です。模型と比べてみてください。



 小さな漁港7
国籍不明の風景ですが、こんな童話のような小さな港に
ふらりと旅してみたいものです。
小舟が静かにゆれて、のんびりカモメが鳴き、暖かく日が照っている春の午後・・・・


 山麓の村1
ケーキを切り分けるように、大地を切り取ったとしたら、
このような形になるでしょうか?
ここに詩情を込めたいのですが・・・・


 山麓の村2
俳句のようにシンプルに
俳句のように詩情を込めて
そんな造形をめざしています。

 マイアイランド4
多忙な卒業制作の時期で、制作時間がなかったため、
女子学生のTさんに作ってもらいました。
説明図も何もなく渡してしまい、苦労しながら作ったと思います。
作りにくいドーナツ型ですが、きれいにできました。
他の女子学生達には、出窓やカーテンなどつけて、
もっと楽しくしたら・・・・といわれました。


 マイアイランド1
私のペーパークラフト第一作です。
CADを使い、はりきって曲面にチャレンジしました。
こんな島に住んでみたいものです。


 マイアイランド2
なんてことなさそうな形ですが、
二つの円錐形の断片が組み合わさった形です。
こんな時、CADを使うと大変便利です。


 マイアイランド3
突然ひらめいた「かたつむり」のイメージです。
作るにはちょっとむずかしくなってしまいましたが、
おもしろい形の作品になったと思います。


 ヨットハーバー1
湘南には江の島、葉山のヨットハーバーなどがありますが
個人的には、三浦半島の緑の真珠、小網代が好きです。
背後の深い緑が美しく、なにか心癒すロマンがあります。
初期の作品なのでヨットのマストの太いのが愛嬌です。


 ヨットハーバー2
ヨットハーバー第二作です。
前作に比べてヨットのマストがちょっと細くなりました。
8月の猛暑のさなか、一気に作ってしまいました。
こんなひっそりとしたところで、ゆっくり過ごしたいものです。


 ヨット
やわらかな春風をうけて、目の前をすーっと、
やさしい水音を残してヨットが横切って行きます。
ヨットはいつまで見ていても見飽きません。


 川と橋と家
大好きな宋の詩人高啓の詩です。

 尋胡隠君

 渡水復渡水
 看花還看花
 春風江上路
 不覚到君家

ひきこもっている胡君をたずねて
水を渡り、また水を渡る
花を見、また花を見る
春風吹く、河の堤をどこまでも歩いていったら
いつのまにか君の家に着いたよ


 岸辺
休日の午後、大きな河の土手を、どこまでも走っていきました。
静かな水辺でひと眠りしました。
目が覚めた時、もう陽はかたむいていました。


 木立の中の家
宋の詩人高啓のように、山かげの竹林に囲まれ
足元には小さな清流がさらさらと流れ
そんな木陰の小さな家に住みたいものです。

homeに戻る


Copyright(c)2013 haruki WORLD All rights Reserved.