運河物語・作り方説明


元に戻る


製作に必要な道具です。
緑色の板はカッターマットといい、この上で紙を切ります。
カッター(下)とアートナイフが並んでいますが、このクラフトの直線部分はカッターで切っています。
アートナイフは葉や船の細かい部分の切断に使いましたがカッターでもかまいません。
直線部分の切断、折り曲げ線には必ず定規を併用します。厚手のしっかりしたものが良いでしょう。
接着には木工用ボンドがおすすめです。安価ですが接着力が強く、あとではがれてくるようなこともなく、
少々はみ出しても透明になり目立ちません。


山折り、谷折りの折り曲げ箇所は定規とカッターで「半切り」しておきます。
「半切り」というのは、紙の上を軽く引っ掻くようにカッターを滑らせることです。気持ちとしては
紙の厚さの4分の1程度の深さまで切る感覚です。強すぎると紙を切断してしまいますので、
余白の紙で練習しておきます。
「半切り」したら折り曲げて、下の写真のように上に定規を乗せ、両手で押してプレスします。
こうすることで正確でしっかりした折り曲げになります。


  「運河にて01」はA5×6枚、A6×1枚の、計7枚の用紙から制作します。


[1]
まずこれらを切断します。


[2]
HとGを図のように接着してH+Gの1パーツとする。


[3]
AとBを図のように接着してA+Bの1パーツとし、裏側に2本の線を引いておく。


[4]
CとDを図のように接着してC+Dの1パーツとし、裏側に2本の線を引いておく。


[5]
すべて折癖がつきました。


[6]
Eを組み立て接着します。


[7]
A+BとJを矢印の部分だけ接着し、A+B+Jとします。


[8]
H+Gを組み立て接着します。


[9]
A+B+JにEを接着するのですが・・・・


[10]
とりあえず矢印の部分のみ接着します。


[11]
つぎに地面部分を接着・・・・


[12]
側面部分を接着してA+B+J+Eとなりました。


[13]
C+DとH+Gを、とりあえず矢印の部分のみ接着します。


[14]
うしろから見た状態です。


[15]
背面と側面まで接着しました。


[16]
Iを取り付けてから前面を接着します。


[17]
二つの大きなパーツを結合しますが、まず矢印の部分を接着します。


[18]
次に矢印の部分の接着です。


[19]
階段の先端と脇を接着したら、階段の形を整えます。


[20]
整えた形を維持するため、裏側をボンドで固めます。


[21]
Fを取り付けます。最初矢印の箇所を接着します。
KとLを接着し、階段の形を整え裏側をボンドで固めます。


[22]
矢印の部分を接着し、Fが一体となりました。


[23]
木の幹と舟のマストの作り方です。OとSの用紙を曲げてみて、曲がりやすい向きで丸めます。
最初は鉛筆くらいのものに巻き付け、しっかり曲げ癖を付けます。次に細いドライバーのようなもので
同様に行いますが、何度も巻き付けてはほどき、細くしていきます。
最後は指の間で押しつぶすように転がしながら、気長にさらに細くしていきます。軸の中心あたりが
ごく細くなったら、一旦開いてこの部分をカットし利用、ボンドをつけながら丸めて出来上がりです。


[24]
K+L(船着き場)の取り付けは、矢印a、bをまず接着、固定したら階段を整えてc、dの接着です。
木は葉に図のように切れ込みを入れておいて写真のように接着します。
木を差し込む部分は、矢印eのようにカッターで×に切り、楊枝を差し込んで丸い穴を開けておきます。


[25]
木の幹、舟のマストが差し込まれ、ボンドで固められました。


[26]
底板Mは、まず正面下部(舟が前面に見える側)を接着し、固定します。


[27]
次に他を接着して、上から軽く押さえて乾かし、完成です。

元に戻る

Copyright(c)2013 haruki WORLD All rights Reserved.